手相・風水・バイオリズム

October 06, 2012

顔のパーツが寄っている。人相

人相の大きな特徴として、
顔のパーツ(目、鼻、口、眉など)が中心にぎゅっと寄っている。

この人相の特徴は、いわゆるクレーマーと呼ばれる方に多い。

その人の思い方が、形(型)を作ります。
笑顔を絶やさない方は絶対にならない人相です。
人相的な見方をすれば、顔のパーツが中心に寄っている方には、要注意かもしれません。
ちょっとだけ人相の話。



yujihiwasa at 21:17|PermalinkComments(0)

October 03, 2012

キャリアは偶然によって作られる・・・。

ハップンスタンスセオリー」ってご存じですか?

「計画された偶然によるキャリア形成」と訳されるそうです。

自分のキャリアを作る要素のおよそ80%は、偶然による計画された出来事の経験。

有名なキャリア形成理論のひとつだそうです。

自分の人生において、偶然に計画された出来事からなにを学んだか?
トラブル、アクシデントなど…。

これが、一番のキャリアなのですね。

どんなこともキャリアにするか、後悔にするかは、自分次第かもしれません。




yujihiwasa at 21:09|PermalinkComments(0)

October 02, 2012

ソルト 塩 それは、形

調味料としての塩ではなく、
私たちは塩を家やお店の入り口に盛り塩
お清めの塩、などなど、塩を使います。
お祓いなどにも使いますね。

塩は集めるという作用があるといわれています。
イイモノもヨクナイモノも、集めるんです。
塩の結晶の形にそのような作用があるといわれています。

形にエネルギーが宿る。
電磁誘導もコイルの形だから電磁誘導がおこるのですね。
 
エントロピーの法則なども関係するのですが、形って大事なんです。

考える時の姿勢などもそうです。


何か考える時、どんな姿勢しますか?
考え事をしているんだなぁってなんとなく相手のことを推し量る時、
あなたは、相手の何からそう感じたのでしょうか?

なぜか、昔も今も、ヤンキースタイルってあんまり変わってないですよね。
あのスタイルに宿るエネルギーがあるんです。

話すこしそれました。

部屋の間取りなども関係します。

塩の結晶は立方体なんです。水晶もそうです。
それらは、集めるって作用があります。
水晶も使い方誤ると精神的不安定になりやすいです。

すべての影響を受けて生きている。


私のお気に入りの塩の1つです。


yujihiwasa at 20:34|PermalinkComments(0)

September 21, 2012

天地明察 暦の大切さ

天地明察
暦は、天体の動きと関係しています。


私の使っている暦は風水暦。

暦(こよみ)はとても大切。

日破やいろいろなことを書いています。
大安や仏滅は私は気にしません。

それって暦をきちんと見ていない。
 
暦を大切にするってことは、時間を大切にすること。
暦を大切にしないと運べなくなる。
毎年、変わる敬老の日、成人の日、体育の日、暦を大切にしているあり方なのかといつも疑問に想う。

2000年より、ハッピーマンデー制度という法律の改正によって、毎年、記念日が変更になった。
2000年以降の日本の経済や、政治状況はどうだっただろうか?

私が暦教わった方は、おっしゃっていました。
暦をおろそかにする国は滅びるそうです。



yujihiwasa at 12:15|PermalinkComments(0)

September 20, 2012

人事相談 

以前に人材についての相談を受けて、
風水などいろいろアドバイスさせていただいたのですが、
嬉しいお知らせを先日もらいました。
だいたい、3ヶ月を目安に効果がなければ、再度調整しています。
巷でよくいう風水とは、違いますが、信じる信じないに関わらず、効果ありのようです。

相談されると、どんなことでも、今、自分ができうることをお伝えしています。
スタッフの人材能力分析から、組織の組み合わせ、
あるビジネス上の交渉ごとにおけるいろいろなアドバイス、
この方にはこういうアプローチが効果的とか…。
その他、経理の話から、保険、不動産の話まで…。

(一応、以前は、宅建主任者証、保険上級ライフコンサルタント持ってました。更新していませんが・・・。)



yujihiwasa at 09:19|PermalinkComments(0)

September 13, 2012

みんなが持っている、しているから・・・。

自分にないものに憧れること。
自分にないものは、ないものとしてきちんと受け入れることができていれば、
劣等感など持たないそうです。
カレン・ホルナイが「劣等感とは所属感の欠如である」
といっています。

容姿、学校の成績、運動能力など、
なんであろうとそれが小さい頃家族に受け入れられないひとつの要素となったとき、
劣等感が芽生えてくる。

例えば、
高学歴の家庭で自分だけ成績が思わしくない…
自分だけ他の兄弟より容姿が劣っているからかわいがって貰えない…
両親に似ないで自分だけ運動能力がよくない…
などなど。

劣等感のある人に共通した行動として

虚勢を張る
親への執着がある

不思議なことに、子供は、自分を拒否した親にしがみつくんですね。

劣等感とは何かに所属感していたいという執着の表れ。

劣等感の強い者が派閥を作り、自分たちだけのルールを作り上げる。

私は、いつもそこからはみ出したくなるのです。
所属していないとなかなか信用って得られないですね。 

なにかに所属したくなったとき、
子供のころの満たされなかった何かを今埋めているのかも知れない。

所属感を求めて集まった仲間はいずれ内部分裂していきます。
そのような仲間は階級をつくることで組織を大きくし、確立、維持します。
所属することで、第一段階の劣等感は満たされ、
その組織で階級を与えられることで、堂々と虚勢を張れる。


手相は、所属感を満たしてくれる。
手相は、そんな不思議なツールだと想っています。



yujihiwasa at 22:26|PermalinkComments(0)

September 10, 2012

不運な時は、すべてが敵に見える・・・

不運な時は誰でもある。
不運な時ほど、人は試される。
才能のある人が、どんなに努力しても、うまくいかない。
失敗につぐ失敗…、そんな時ってあるんですよね。

そんな時、やることなすことうまくいっているということが、一方では起こっている。
そんな周囲の人をみると、ますます羨ましく思ったり、現状以上に辛さを感じたりする。

「ある困難は、不公平だと感じた時、その辛さは10倍にも20倍にもなる」(カレン・ホルナイ)

周囲が同じように不運ならまだなんとかモチベーションを保てるが、
周囲が幸運で自分だけ不運だと感じるときは耐え難いもの。

<ついていない>と気づいたら、じたばたしない。
「あのときこそが、人生の正念場だった。よく耐えた。」
「あの不運があってそれにじっと耐え抜いた、それが自分の人生の基礎を築いた、あの時があったからこそ、今の自分がある。」
不運、うまくいっていない時こそ、じたばたしないで未来のビジョンをきちんと持つ。
風邪をひいたら、じたばたしないで休む。
それを風邪さえひかなければ、もっと○○できたのに、
って小さな風邪という不運を、
他の出来事の不運にまで、大きくする。
そして、○○できない人生は最悪、とかって、
人生までも不運に仕立て上げる。
そんなことしたくなるんですね?

不眠症もたった数日寝付きがよくなかった不運を、
寝れてないから○○できない。
○○できないから△△もできなくなって…。
やっぱり自分はどうしようもない。
となって慢性的な不眠になっていったなんて話もあります。
(不眠症の方の一例です。他の理由もたくさんあります。)
コントロール、なんでもコントロールできる。
運すらもコントロールしようとしているのかもしれませんね。
流れに任せる。私の好きな言葉です。仕方ない時は仕方ない。
でも、未来につなげる努力は続ける。
それが私のスタンスです。

yujihiwasa at 21:59|PermalinkComments(0)

September 03, 2012

知能線で、わかる!?

行動決定のスピードの違いが喧嘩の原因?
そんなことってないですか?
レストランで注文を決めるのが遅い…。

即決しない態度に頼りなさを感じたり…。
身支度にいつも時間がかかる…。
すぐにっていいながら、のろまな感じ…。
行動のスピードって人によって違うんです。
即決がかっこいいような気がするかもしれませんが、
ゆっくりじっくり考えることができないせっかちさんかもしれませんよね。
それぞれのペースがあることをみとめること。
自分に足らないペースを学ぶこと。
それが、他の人と出逢うということ。

そんな手がかりに手相も使えます。
知能線 下の画像の線です。長い人ほど、行動決定スピードが遅い傾向があります。
掌右知能製

yujihiwasa at 15:18|PermalinkComments(0)

August 26, 2012

マニキュアの色

これは、2008年、北京オリンピックの話です。
なでしこジャパンとは、女子サッカーの日本代表チームの愛称ですね。
その選手たちが願掛けにとアメリカ戦でしていたマニキュアの写真を見てびっくりしました。
 
五指それぞれに五輪(オリンピック)の輪の色でマニキュアしていたんです。
親指から青、黄、黒、緑、赤に塗っていました。

マニキュアの色って身体ととても関係するんです。

ペディキュアも。
夏の手足のむくみもマニキュアやペディキュアの色と関係したりするんです。
黄色のペディキュアをしている方をみると、大変心配になります。

銀や金のマニキュアやペディキュアも…。
もっと言えば、靴下の色も関係しますね。

忍耐強い子どもにしたければ、青いソックスを履かせてくださいね。

話それました。なでしこジャパンのマニキュアについて
親指の青が心配です。あとは、まだなんとか大丈夫だと思うのですが、…。
何が心配かというと終盤の集中力とスタミナ、前半終了間際と後半の真ん中くらい。
(サッカーの一番身体がきつい時期は後半30分前後なんです。)
この時間帯の失点です。

また、手相の概念から、
中指は向上心、権威、野心、やる気と関係するエネルギーと関係するそうです。
そこの指の爪を黒く塗ることは、そのエネルギーを減らすそうです。
爪に黒点が出たら、凶相の暗示、
その対処法として黒を消すように上に白く塗ることで中和させるそうです。

爪が黒くなるときって怪我や指詰めなどもあると思います。
それらも同じように運の悪い状態を身体が教えてくれているんです。
(確かに指詰めする時、運が良いわけないですね。)
爪の黒、気をつけてくださいね。


yujihiwasa at 13:50|PermalinkComments(0)

August 25, 2012

紫外線は必要

紫外線が悪モノになったのはほんの20年くらい前まで。(90年頃〜)
紫外線を完全不透過の部屋は、光の医学においては、好ましくないそうです。
目にも過度の紫外線はよくないが、紫外線をまったく除去した生活もよくないんです。
視力低下するそうです。
あと、サングラスの色について、
青や茶色は目を痛めます。
カラーコンタクトも青や茶色は目を痛めます。ピンクも。
サングラスは、薄い灰色がいいですね。
この話題をしたいと思いながら夏も終わりに近くなってしまって遅くなりました。
光って波動であり、カラーセラピーでもありますね。

最近、ドイツで開発された、カラーパンクチャーという代替医療も少しずつ広まっています。
自分がメガネをかけているのは、
蛍光灯、電子機器、LED電球から目の疲れを守るためと人相の関係です。


yujihiwasa at 13:56|PermalinkComments(0)

August 22, 2012

運に協力する。

「幸運に“頼っている”だけではいけない。幸運に“協力”しなければならない。」
「幸運を“願って”も良い。しかし、幸運に“頼って”はならない。」
運をよくするってことは自分の流れ、バイオリズム、運に協力することなんですね。

幸運もきちんと協力しないと受け取れないんですね。
幸運の女神が走ってきたら、一緒に同じ道を走らないとダメですよね。
自分はこっちなんて言って違う道を走っちゃったら、女神はついてこないですよね。
幸運を願う人間の弱さもそのまま認めているところが真の強さを持っている。
頼る依存心は戒めている。

自分の好きな言葉です。

yujihiwasa at 13:39|PermalinkComments(0)

August 15, 2012

施餓鬼 (盂蘭盆)

お施餓鬼とは与えることをしなさいという教え。

お墓参りに行かれる方も…。
「よくお墓参りで見守ってください。」と
先祖に手を合わせる様子をテレビなどで見受けられます。

それって、先祖に心配させる行為だと私の知り合いの古神道の先生はおっしゃいます。
「この世のことを違う世界の住人にお願いする行為、それはこの世に未練を見いださせる行為、それはいわゆる成仏させない行為だ。」そうです。
どうすればいいか?
「この世のことはきちんと自分でするから安心して成仏しててね。」と、
いろいろなことを報告して安心して貰うこと。
あと、先祖のおかげで今の自分が生まれていることに感謝、「ありがとう」ということ。
それが、お墓参りだそうです。
自分のルーツ、アイデンティティを受容することかもしれないですね。

お墓に、仏壇に手を合わせることというのは、
自分自身との対話。


yujihiwasa at 13:41|PermalinkComments(0)

August 13, 2012

白いクロスの部屋

白いクロスの部屋は脳を萎縮させる。無気力にさせるそうです。
白い壁は想像性が極端になくなる。

建築医学でいわれていること。

不眠とも関係したり…。

身体のお悩みって、こんな視点もありですね。


もし、白いクロスのお部屋に住まわれているのであれば、
お花の写真や、ポストカード、ポスターなどを貼って、
変化をつけてみてくださいね。


yujihiwasa at 01:00|PermalinkComments(0)

August 07, 2012

カルマはトリガー

週に何回か叔母をお寺や神社に連れていくのですが、 四国には有名な遍路があります。
四国八十八ヶ所霊場など。

その札所となっているお寺にいくといつ行っても同じような光景があるんですね。
 
人も違って、時間も違うのに、同じベンチで次のお寺を確認している歩き遍路の方。
先達に連れられた団体参拝の方、など。

ふと、それらの人たちをみていて、想ったこと。
前世とかカルマってこういうことじゃないかなぁと。
 
先人と同じことをする中に学びがあります。(前世経験?)
学びは真似るが語源だといわれています。

その中で、時間軸を越えてその場にアンカー(カルマ)があり、それを受け取るのでは?。
そのことが前世とのつながりだとか、カルマだとかっていわれているのではないか?

それをどんどん、バトンタッチしているのかも。

人間の身体も心も、そんなに原始時代から、変わってないのではないかなあ。
それらのバトンを受け取らなくてもよくなった状態をチベット密教では解脱というのかも…。
自分は、前世とかカルマとかって思想には疑問を持っていますが、
アンカーによって記憶に影響を与えることができたとすれば、
前世催眠などで、
意識では全く知り得ていないような記憶が思い出されることも理解できるかもしれない。

普遍的なのは魂ではないのではないか?
魂の普遍性を信じたいのも、依存と関係すると考えてたくなる自分がいます。

真似ることで、その人から学びと同時に同じ課題も引き継ぐのかもしれないですね。

ヒプノセラピーも学んで、前世催眠のセッションもしたことがある私のひとつの考えです。

yujihiwasa at 03:00|PermalinkComments(0)

August 06, 2012

個性的って?

「感情と無知は偏った一面を求めます。愛と知恵はどんな物事にも二面性があることを知っています」


アメリカの心理学者であるバーデン博士が、
「他人の目を気にする人間ほど、他人の思い通りにあしらわれてしまう傾向がある」
ということが分かったと、発表したそうです。
 
最近よく「空気が読める」「読めない」「KY」という言葉を聞きますね。

「空気を読みすぎる」というのは、実はあまり良くないかもしれない…。

ここぞという覚悟を決めて選択したことには自信を持って、
空気を読まず、あえて「自分はこれでいい!」と突き進む力が必要かもしれません。
それが個の魅力、個性ではないでしょうか?

個性を大切にすると昨今よく言われますが、
個性とは独りでいても大丈夫な心のあり方を持っている自分自身であること。
誰かといないと寂しいは個性のない状態かもしれないですね。
独りの時間をちゃんと使えていますか?



yujihiwasa at 01:00|PermalinkComments(0)

August 03, 2012

かれんだー  暦

時計とカレンダーの多い家は経済運が低下する。


その理由は、
部屋のあちこちに時計があるといつも時間に追われているような感じに潜在意識が反応する。それと、それぞれの時計の時刻がすべて同じではないので、気が休まらない。
カレンダーも同じですね。
あちこちにカレンダー貼っていませんか?

風水って実は、深層心理、サブリミナルの要素もある。

いろいろなことを想い出す曲です。
大きな古時計  平井堅



yujihiwasa at 02:10|PermalinkComments(0)

July 28, 2012

完璧 パーフェクト

最初から完全、完璧を求める人は努力して成長していくことを否定している人。

種も蒔かずに収穫を心配しているようなものだそうです。

明日の完璧よりも、今日の失敗が大きな学びとなること。
 
それの方が価値あることだと知らない。

ユングの4タイプ論で、
人間は生まれながらに大小、
人によって違うが4タイプのうち3つのタイプを気質として持って生まれているそうです。

そして一生かけて残りの1タイプを学ぶ為に生まれてきているそうです。
元々不完全だからおもしろいんですね。きっと。

人相学において、すべてのパーツが吉の人の人相は最悪なんです。

どこか欠けがあってそれを補うために努力して、学んだ結果の自分が一番素敵なんですね。



yujihiwasa at 14:33|PermalinkComments(0)

July 24, 2012

占いって

かなり前になるのですが、大阪の梅田で、あるビルの中を迷ってうろうろしていると、
占いのブースの前を通りました。

ちょうど、お母さんと娘さんだと思うのですが、占いを受けているところでした。
聞くつもりはなかったのですが、聞こえてきたアドバイスに耳を疑いました。

女性「その男の人はやめておいた方がいいですね。」
占い師「この方は○○だから、もっとあなたのことを大切にしてくれる方を探してその方と一緒になられる方が幸せになれると思います。」
女性「そうですよね。自分の事を大切にしてくれる人じゃないと幸せになれないですね。」「そんな人を見つけようと思います。」
お母さん「あなたのことをきちんと大切にしてくれる方なら安心して応援できるから」
占い師「そうですね。大切にしてくれる人を見つける努力をしてください」

…というようなやりとり・・・。

なんだかおかしな話じゃないかなぁ
 

占い師は運をよくするセラピストといわれることもあるようです。
 

自分を大切にしてくれる人をみつけるって
とても素敵なアドバイスなんですが、

どうやって見つけるか?
そのアドバイスがないなぁと思うんです。
 
誰でも自分を大切にしてくれる人とお付き合いしたいと思うんですが、
そんな人と出逢うにはどうしたらいいか?

大切にしてくれる人を見分ける方法など
がわからないから占いなどに頼ったり悩んだりすると思うんです。

そこのところをアドバイスして初めて、お金をもらってもいいんじゃないかと思っています。

 

大切にしてくれる人かどうかを見極める方法のひとつとして、
何気ないモノや人に対してどのような接し方、扱い方をしているか?
それをみることで手がかりにすることができます。



yujihiwasa at 00:00|PermalinkComments(0)

July 23, 2012

照明  スポットライト

学校の教室で、
蛍光灯をやめるだけで、いじめが減ったという実験があります。

しかも、学力もクラス全体が上がったそうです。
裸にむき出しの蛍光灯って目に悪いです。
私は会議室のむき出しの蛍光灯ばかりの部屋だと頭痛くなったり眠くなったりします。
昔、ボディワークを習った先生(オーストラリアの先生)も蛍光灯をとても嫌っていました。
目が疲れるそうです。
脳は1秒間に60回の点滅を受け取っているらしい。(60ヘルツの場合)

自然光か、スポットライトを使っていました。
光、照明については日本は後進国だといわれていますね。
蛍光灯、ちょっとだけみなおしてみませんか?

LED照明は、眼に負担が強いようです。

間接照明を心がけたいですね。

私が使っている照明です。
このライトを壁に当てて、間接照明にして、デスクワークをしています。



yujihiwasa at 14:30|PermalinkComments(0)

July 22, 2012

自殺 

私が家庭教師をさせて貰っていた生徒の同級生(当時20歳)が自殺。
数年前に、知り合いの方が、排ガスで命を絶ちました。ある公園で…。

数年前に毎晩のように、「死にたい」という電話を貰ってカウンセリングしていました。

先日、叔父の葬式後から、急に、アイスが食べたくなって毎日食べていました。
その後、叔父の遺骨の前で、叔母にその話をしたその日から、
私は、アイスを欲しくなくなったんですね。
叔父は生前、アイスが大好きだったのですが、
最近は、飲み込むのがしんどくてアイスを食べていなかったそうです。
アイスは冷蔵庫に買い置きしたまま…。
葬式の収骨の際、従姉妹の子供さんが怖いと言っていました。
とてもいい学びをしていると思った次第です。
「死んだら灰になるだけ。」

死ってもっと身近なものだと思います。
死っていつでも、自分と隣り合わせにあるものではないでしょうか?
生死、死を意識する時、それは生きることを意識している時だと思っています。
余命○ヶ月の花嫁って小説もありましたね。
死を意識しながら、生を一生懸命、全うする。
死を考えるとき、
生きたいんだという無意識の叫びが聞こえてくるのは私の気のせい?

自分で自分の命を絶つのは生物の中で人間だけです。

歯がゆいです。
うまくいかないことは多いです。
うまくいかない方が当たり前、そう思うと、楽になりませんか?
何でも自分でコントロールできる。思い通りになる。ってことを期待していませんか?

期待は、スタンダード、あなたの基準です。
その基準を満たさない状態はすべて不満な状態になります。

理不尽なことの方が当たり前。平等、公平なんて希、だという前提だと、
心のあり方が違ってきませんか?
理不尽や不公平に対して、怒るだけ、責めることで何かが変わるのでしょうか?
だからこそ、きちんとした人間でありたいと思うのです。

逆にそんな世の中なら、好き勝手してもいいという人もいるかもしれませんが、
それもその人が選択したことです。
そのような理不尽にどう対応するか?不公平にどう対応するか?

公平な対応、親切に接すると、素直に感謝できますよね。
うまくいくと素直に喜べますよね。

それを学んで成長すること、それが大事だと私は思っています。
運をよくすることは理不尽な状態に対処できることかも。
そして、そんな理不尽な人と波長が合わなくなって、
感謝できる、素敵な人との出逢いが増えることとも言い換えることができるかもしれませんね。
ある教えでは、人生は痛みを体験する場だともいいます。
「痛みを体験、そして乗り越えるコト=学び」
そのためには肉体(身心)が必要なのかもしれませんね。
(心の傷、身体の傷…)
痛みがあるのも仕方ないことだってことなんですね。
痛いの誰だって嫌です。
筋肉だって大きな負荷(痛み)に耐えられるように鍛えることで、
少々の痛み(負荷)なんて軽々とこなせますよね。
楽にも、大きな負荷に耐えたことで得られた楽と
まったくすべての負荷から逃げた楽があります。

私はどんなに辛くても死を選ぶことだけは絶対に認めない。
厳しい、冷たいかもしれませんが、
それが、その方自身の存在を本当にきちんと尊重した態度だと思っているからです。
私も、死にたくなったこともあります。
リストカットを試みたこともあります。
しかしながら、私は踏みとどまりました。
それは、私の死生観として、生死だけは、自分で選んではいけないと想っているのです。
それは、自分自身で、選ぶ権利はないと想っているからです。

一般的な価値観からすれば、損な考え方かもしれませんが、
私はこれからもそうでありたいと思っています。
なにかしら伝わって貰えたらと思います。

そういえば、死にたくなる間取りってあるんです。

私が、中学時代にどうしようもなく、死にたくなった時、聴いていた曲です。
「死んだら灰になるだけさ」
この歌詞に救われました。



yujihiwasa at 13:49|PermalinkComments(0)

July 19, 2012

バランスって誰が決めるの?

身体のバランスって、誰が、決めるのかなぁ。
 
左右均等って、本当かなぁ。
 
右手を使いすぎないようにちゃんと左手も使うとバランスよくなるのだろうか?

右の肺と左の肺は大きさが違うのに、両方バランスよくって使えるのかなぁ。
心臓だって、右心室と左心室では筋肉量違ってるし・・・。

もし、四肢に欠損があって生まれた方だったら、バランスを取ることは不可能だってこと?
交互に使いたくても、腕が片方しかなかったらどうするの?
生まれつきの方、事故で損傷した方、など・・・。

私は、バランスって言葉に疑問がいっぱいなんです。 
私は、左右の形は違い役割は違うけれども、
それがきちんとお互いが役割を全うして一つの身体としてある状態になっているってこと?
 
左右の形が違ってもきちんと流動性をもって身体の中心から回転していたら、
一つの大きな円になりませんか?
(でこぼこした物体でも中心をきちんとみつけて回転させると回転している間はひとつのきれいな円です。)
それが陰陽の太極であり、それが人の身体ではないかなぁ?

私たち未障碍者は両手両足を使えますが、
もし腕がなんらかの障害で左右均等に使えない方の場合はどうするのでしょうか?
右手でしか使えないから右肩が凝るのは仕方ないというのでしょうか?
それって潜在的に差別していませんか?
私はどんな状態でもそのお身体に見合った楽ちんな使い方を
学んでいくことができると思っています。
ハンディキャップという言葉も左右均等信仰から来ていると思うのです。

視覚的に左右対称であることは静止状態でのバランス。
(粒子、量子的には静止状態はないです・・・。)

陰陽のバランスは動的状態でのバランス、どちらのバランスが必要でしょうか?
メディカルケアウォークでは姿勢(静止状態)については最後にします。
それよりも動的状態でのバランスを、歩くということから整えていく
ということを大切にしています。

動的状態とは運気やバイオリズムでもあるわけで、それは常に変わっているんですね。
常に歩くことでバランスを整えていく、すると静止状態でも自然とバランスが整っていく。
 
ポルトガルの歌姫がバランスについて歌っています。とってもかっこいい。
It's cool!!
Balance - Sara Tavares


yujihiwasa at 16:16|PermalinkComments(0)

July 18, 2012

10年後に、 笑って話していたい。

8年ぶりにあった友達に言われました。
今は笑って話しているけど、あの時はかなり大変だったねって。

ほんとだ。笑って話している自分がいるなぁって。

10年前、私は、想っていたなぁって。

未来の自分はどうやって今の困難を乗り越えて、
解決して、何事もなかったように笑い飛ばしているんだろう。
そんな自分に逢いたいなぁと。

(数年前の悩みって覚えてます?)
(まだ継続中の悩みもあるかもしれないけど、忘れていること、今はどうでもいいこと多くないですか?)

10年後、笑って今を振り返る自分でありたいと。

この困難、問題を解決できたら、
「自分はどれだけ成長できたかなぁ?なにを学んだなぁ?…」って思うんですね。

この世はよくできた素晴らしい学びの場だそうです。

いろんな人が居て、いろんな困難や悩みがある。
うまくいかないこともあったり…、
だから、学ぶ事ができ、成長できる最高の場なんだと。
人生そのものが学びの場だからです。

運がいい人とは、きちんと自分自身を運んで常に成長し、学んでいる人。
そんな方と一緒だと、その方と一緒に自分自身も運ぶことができるんですね。

私が元気を貰う一曲です。
生きものがかり 笑ってたいんだ 


yujihiwasa at 14:21|PermalinkComments(0)

July 17, 2012

わたしなんてどうせ無理。。。(劣等感の口癖)

「自分はあの人とは違うから、・・・。」
「私なんてどうせ無理、・・・。」
「やっぱりうまくいかない・・・。」

本当に自分とあの人が違うのなら、誰かと比べたりしないですね。
みんな一緒でありたいという気持ちがあるかもしれない。
同じようにやりたいけど出来ない、やっぱり私には無理・・・。
同じようにやりたいけど、うまくいかない・・・。

違っていることが不安なのかもしれないですね。

違っていてはダメ、みんなと一緒でなければ、外れたらダメ、
違っていてもいい。
私は、違っていないといけないと想っていました。
なぜなら、同じであるなら、1人でいいと想っているからです。
 
違いを認めることが自己も他者も尊重することだと想っています。

劣等感は、みんなと同じでありたいという依存心かもしれないですね。

劣等感と聴くといつも想い出す曲です。

ブルーハーツ 青空  
生まれたところや、皮膚や目の色で、いったいこの僕の何がわかるのだろう・・・。


yujihiwasa at 14:25|PermalinkComments(0)