身体

January 08, 2017

便秘と足の薬指?

「便秘」の方の多くが、
手足の薬指になんらかの構造的な変形が見受けられる。
そして、
その構造的な変形によって、
本来の機能通りに
薬指が使えなくなっているように見受けられます。

薬指の1番指先にある関節が捻れていませんか?
足の薬指の場合、1番指先にある関節が捻れていませんか?
薬指の指腹(足の裏側の指先のところ)を軽く
押圧するだけで、飛び上がるくらい
痛かったりします。
ここがほぐれるだけで、
腸がグルグル動き出すこともしばしば…。


お試しくださいね。

くれぐれも、無理のない範囲で、
ご自身の責任においてお試しくださいませ。
最後まで、読んでくださり、ありがとうございます。



yujihiwasa at 15:11|PermalinkComments(0)

September 01, 2016

「脚・足のケア」のメルマガ(無料版)を始めました。

脚・足を中心にした話題をすこしずつお伝えしていきたいと思っています。
「脚・足のメンテナンス・スペシャリスト 講座」
http://amazing-therapy.livedoor.biz/archives/45929559.html

お伝えしている内容の一部分のエッセンスをお伝えしていきます。
詳しく深く学びたい、知りたいという思われましたら、
是非、講座にお越しくださり、一緒に学ぶことができれば、嬉しいです。



メールアドレス:
お名前:
お住まい:
職種:
興味を持ってくださった理由:




 メールアドレス:
お名前:


yujihiwasa at 00:00|PermalinkComments(0)

November 07, 2015

抜歯における自分でできること。

抜歯における自分でできること。

友達の先生が、親不知を抜歯されるということでお伝えした内容です。

下記は友達の先生のコメントをそのまま転載させていただきます。


先日初めて親知らずを抜いてきたのですが、その時にゆうじ先生にいただいたアドバイスをシェアさせていただきます。

・抜く側の上腕骨を内旋に方向付けしておくと抜けやすくなる。
・足の親指を軽く引っ張り、リラックスしてからデンタルチェアに座る。
・抜歯後、止血と傷口の早期回復のために上腕骨を外旋させる。
・夜寝るときに軽く外旋になるように伸縮性テーピングでサポートする。

上記のアドバイスを忠実に守った結果、痛みや腫れは全くといっていいほど出ませんでした。抜歯経験者から「麻酔切れてからめっちゃ痛いし腫れるで」という話を聞いてかなりビビッていたのですが、終わってみれば本当に驚くぐらい何ともありませんでした。

これから親知らずを抜く予定のある先生方、またはクライアントさんがおられましたら是非参考にしてみてくださいね。



yujihiwasa at 08:22|PermalinkComments(0)

February 25, 2015

プレートの入れた状態の足の骨のケア

事故の骨折で、プレートを入れた状態の足の骨

具体的に云うと、足の脛骨という骨である。

この骨が、交通事故で骨折(複雑)したために、3回ほどの手術でプレートを入れて
固定している。

そのプレートの位置が少し、外側に外旋位になっているために、
どうしても歩きづらく、痛みや浮腫もともなっている様子。

そこで、
AmazingTherapyでは、「骨が動く触れ方」という、方法があります。

この「骨が動く触れ方」ということを使って、美容に生かしているサロンもあります。

頬骨の形を変えることができます。 鼻の高さも変えることもできます。

何十年も前に骨折して、曲がってくっついてしまった鎖骨の形が元に戻っていくこともあります。

ということで、
プレートを入れた状態の骨を、同じように動くことで、プレートと骨との関係性を変えることができます。

15分~20分ほど、触れさせていただいた後、立ってもらいました。
すると、今まで、体重がかけれなかったのが、普通に痛くなく立てるようになられました。

ボルトを入れている場合も同じです。

すべては、触れること。
それだけで、動き始めます。

むやみに触れないでくださいね。
多くの場合、触れているようで、少しばかり、押してしまっているようです。

身体は可能性に満ちていますね。
身体が本来の位置や形を知っている。
思い出してもらうお手伝い。

それが、AmazingTherapyのもっとも大事な考え方のひとつです。



yujihiwasa at 08:26|PermalinkComments(0)

February 14, 2015

骨折のケア

先日、
バイク事故で、
足首を複雑骨折した方のケアを
させていただきました。

ただ、
触れ続けると面白いことがありました。
ぐちゃぐちゃだった骨が全部、
元の位置にもどったそうです。

触れている途中で、
パキッて音がなって、
足首を動かせるようになっていました。

で、手術がボルトだけになったそうです。

ただ、触れることができると、
身体は、可能性を観せてくれます。

yujihiwasa at 20:48|PermalinkComments(0)

January 12, 2015

舌骨の調整と噛み合わせ

舌骨の位置が下がっているお子さんが多く見受けられる。

舌の運動を毎日してもらっても、あまり変化のないことも多い。

舌骨へのアプローチは、危険を伴うことも多いが、
それは、舌骨を動かすという思いの元、押圧をかけるからである。

ただ、触れるだけということができれば、調整できます。

そうすることで、上角口蓋の発達が促されやすくなります。

反対咬合や、顎の発達とも関係してきます。

できるだけ早いうちに、舌が出せるかどうか?

確認してみてくださいね。


私の仮説の域をでませんが、
歯並びと電磁波の関係を疑っています。


乳児期、幼児期、胎児期の電磁波との関係も疑わしいだけですが、
疑わしいのであれば、すこしだけでも気を付けてみてほしいですね。

LEDも同じく気を付けてほしいですね。 

yujihiwasa at 12:13|PermalinkComments(0)

October 15, 2014

オスグット・シュラッタ―病とは?

オスグットや
ジャンパー膝などと
言われる症状の構造的な原因のひとつ

AmazingTherapyでは、
膝の後十字靭帯の捻じれやストレスが関係していると
思われます。

後十字靭帯の捻じれやストレスを
手技を使って調整すると、
痛みや症状が解消されることが良くあります。

オスグッド・シュラッター病



yujihiwasa at 07:54|PermalinkComments(0)

August 18, 2014

あなたは右利き?左利き?

あなたは、
本当に右利きですか?
本当に左利きですか?



 最近、部活動やスポーツ選手のパフォーマンスアップのお手伝いをさせていただく時、
身体の使い方における
右利きか?
左利きか?

動きを観させていただいていると、

本当は右利きでないか?と思われる場合、

逆に、本当は左利きではないか?と思われる場合、

が、ある。

先日、部活動(バスケットボール)のお手伝いに伺った際、
ある選手の動きを観ていて、もしかして、
左利きかもしれないと思い、
左で、ジャンプショートを打ってもらったり、ドリブルをしてもらったりした。
すると、
右でジャンプショートを打っていた時よりも明らかに、シュート率が良かった。
動きもスムーズでシュートフォームもいいフォームでした。

ドリブルも右手でのドリブルだと、簡単にスチールされたのだが、
左手でのドリブルだと、簡単にスチールされなかった。

本人も驚いていました。
まだ、中学1年であるということで、
左手でシュートを練習するように伝えました。

私がなぜ、左利きだと思ったかというと、
左手を使っている時は、身体全体をバランスよく使って動いていたのだが、
右手を使っている時は、身体の右半身のみをねじって動かしていた。

利き手でない側をずっと使っているとき、
よく、無理なねじりを伴った動きをすることがあります。


私自身、元々右利きだと思っていたのだが、
中学の時に、右腕を骨折してギブスをはめた時、まったく不自由を感じなく、
左利きだと気づいた。
そういえば、教わっていない動作はすべて左手で無意識で行っていた。
いまだに右手でボタンを留めるのはすこしもたもたするし、右手でトランプを切ることもできない。
お札を数える時は決まって左手でしかできない。

中学まで、どちらかというと、運動音痴な方だった。

逆に両親のどちらかが左利きの場合、
子供が左利きになることがある。
しかし、その左利きのお子さんが実は、身体の使い方的に、右利きだと思われるケースが多い。

そんな時は、逆のアドバイスをすることもあります。


どうにかして、
利き手、利き足を、幼少のころにきちんと観てアドバイスできるような仕組みは作れないか?

そんなことを考えています。

動画を観れば、
AmazingTherapyの視点を持って考察すれば、ある程度のアドバイスができそうです。


こんな話もあります。
ウェルニッケ野(言語中枢)は、右利きの約90%の人が左脳にあるそうだ。
左利きの約38%が右脳にあるそうです。
私の個人的推測でしかありませんが、
もしかしたら、右利きの約10%(1割)の人は、
もしかしたら、
本来は左利きだった可能性があるのではないか?
また、左利きの約60%の人は、
もしかしたら、
本来は右利きだった可能性があるのではないか?


アイアクセシングキューという目線と思考の関係についても似たような面白い話があります。
左側を観る時、人は過去の出来事を思い出そうとしていると云われています。
右側を観る時、人は未来の出来事を想像していると云われています。

これも、左利きの約30~40%の人が、逆転しているそうです。


私は、その方にとって一番無理のない動きをサポートすることができればと思っています。

 
もし、興味のある方は、
http://amazing-therapy.com/の問い合わせフォームからお問いあわせくださいませ。 

yujihiwasa at 23:49|PermalinkComments(0)

August 16, 2014

動作法の合宿を見学

先日、
動作法の合宿に一日だけ参加させていただきました。
(本来は4泊5日)

見学をさせていただこうと思っていたのですが、
サブトレーナーとして、トレーニングのサポートを少しだけさせていただきました。

トレーニングを受けるトレーニーの方々は、お身体の状態も年齢もさまざまの方が参加されていました。

合宿をマネージメントしているマネージャーの先生、
4班に分かれたそれぞれのリーダーとしてトレーニングにあたるスーパーバイザーの先生方、
各トレーニーには必ず一人トレーナーが合宿中、付き添います。
そして、親御さんも一緒に合宿に参加します。

それらのお手伝いとトレーナーになるための研修の場でもあり、サブトレーナーが参加している。

必ず、スーパーバイザーの先生は、他府県から招待して来てもらって開催するという決まりがある。

この決まりは、同じ地域以外のトレーナーの視点をトレーニングに反映させるためだそうです。

トレーニーへのトレーニング、全く同じ内容を親御さんにも研修を受けていただく。
トレーナーやサブトレーナーも研修を受ける。

こんな学びの場はとても素晴らしいと思います。

いつもご一緒させていただいている支援学校の先生で整体の勉強もされている方に頼んで、
一日だけ参加させてもらいました。

動作法とAmazingTherapyはアプローチが似ているところがあります。
一番似ているところは、ご自身で動いてもらうということ。



Photo: 動作法の合宿に一日だけ参加させていただきました。
かなりいろんなことを学ばせていただきました。
いろいろな状態のお身体の方、年齢もバラバラな方々が一生懸命にトレーニングされている様子。トレーナーの方、スーパーバイザーの方、マネージャー、親御さん、たくさんの方が参加しそれぞれの研修になる。
とても素晴らしい仕組みだと想う。

yujihiwasa at 00:19|PermalinkComments(0)

July 26, 2014

田中将大選手(ヤンキース)が怪我した理由?

勝手にこっそり考察させていただきました。

下記の写真は、YouTubeより、引用したものを、
投球の瞬間で静止させて、並べたものです。

左がメジャーデビュー戦 4月の動画
右が近々6月の試合の動画

投げ方が違います。
右の動画のような投げ方であれば、
肘を痛めることは容易に考えられます。

何が問題か?
1つ目は、
肘の高さです。
肘は曲げた状態の時、肩の高さよりも高くなってはいけません。
これは、投球における基本的なことです。

肩を痛める、肘を痛める、原因です。


ピッチングの善し悪しを簡単に判断する一番の基準は、
肘の高さです。

一般的な指導法とは違うかもしれませんが、
下記の選手は、みなさん、肘を曲げた状態では肩の高さより高く上げていません。

いろいろ観方はあると思いますが、
誰でも簡単に観ることができる方法です。

肘を曲げた状態で肩より高く上げて投げると、
肘、肩、を痛めます。
それだけでなく、肘や肩ではなく、どこに負担をかけるか?
動きのくせによって、どこかに必ず、負担がかかり、怪我の原因になります。

これには、きちんとした理由があります。
それは、肩関節の形状にあります。
肩関節は、360°回転するとイメージされているかもしれませんが、
実は、関節の形状上、それはできません。
肘を曲げた状態で、肩よりも高い位置に腕を上げると、
肩甲骨のロックがかかり、
肩関節の可動域が減るのです。
その減った可動域を多くの場合、
肘でカバーしようと無意識でしてしまいます。

その結果、肘の関節、本来の可動域以上の可動を強いられるようになります。
関節が形状上、可能な可動域を動くことを前提として、靭帯が出来上がっています。
可動域以上の動きを関節がした場合、靭帯は伸ばされたり、挟まれたり、捻じれたりします。

靭帯だけでなく、軟骨やその他の組織も通常の形状のままでは耐えられなくなります。

そして、靭帯だけでなく、軟骨の異常形成、筋炎症、など、いろいろな症状となって知覚されます。

下記に示した選手について、リンク先のスライド写真を見ていただくと
解るのですが、
どの選手も、肘を曲げた時には、肩の高さよりも高くなっていません。


大谷翔平選手
↓こちらにスライド写真がありましたのでみさせていただきました。
http://file.qoonin.blog.shinobi.jp/ohtasnishouhei_pitting.jpg

ダルビッシュ有
↓こちらにスライド写真がありましたのでみさせていただきました。
http://file.qoonin.blog.shinobi.jp/dalvish_rangers.jpg

工藤公康
↓こちらにスライド写真がありましたのでみさせていただきました。
http://file.qoonin.blog.shinobi.jp/kudou.jpg

前田健太
↓こちらにスライド写真がありましたのでみさせていただきました。
http://file.qoonin.blog.shinobi.jp/bedf90d2.jpeg

手術しないで快復することを願っています。

いろんな理論があると思いますが、
AmazingTherapyは、
関節の形状にこだわっています。
形が教えてくれる身体の使い方をお伝えしていきたいと思っています。



怪我の記事です。↓
http://news.livedoor.com/article/detail/9028189/



image


yujihiwasa at 01:11|PermalinkComments(0)

June 28, 2014

足の構造と機能(AmazingTherapy的考察)

骨格だけでも、
構造に沿って
本来の機能に
忠実に動きの方向性を作ると、
立つことができます。
(筋肉が支えているのではない。)

少しくらいの振動でも倒れません。
施術台なので、
すこし、マットが沈みますが、
均等に
足の裏を構成している骨格に
圧が分散しているので、
立つことができます。
(写真をよく観ると拇指がほんの少し、地面より、浮いています。)

これは、
AmazingTherapyが
大切にしている身体の基本的なバランスです。


image

image

image

image



yujihiwasa at 00:00|PermalinkComments(0)

June 06, 2014

リズムとテンポの違い

身体には、リズムがあります。
それぞれのリズムにあわせた、テンポがあります。

リズムとテンポは、別のものです。

リズムが一緒でもテンポが速くすることができます。

身体がつねにリズムを刻んでいます。

歩くリズム、話すリズム、心臓の鼓動(英語でビートといいますよね。)


AmazingTherapyでは、このリズムの乱れが身体の不調と関係すると考えています。

このリズムの違いが、コミュニケーションの擦れ違いと関係すると考えています。

みずぽっと体操は、水の揺らぎを使って、リズムを整えることを目的としています。


自然界でも同期現象といって、
蛍の光が、リズムを同じくして、一斉に明滅することが知られている。
カエルの鳴き声も。
人間では、心臓の鼓動が、合ってきたり、
女性同士だと、月経の周期が合ってきたり、
精子の繊毛の蠕動も同じリズムで動いていると言われています。

リズムが解れば、あなたの生き方がわかります。



リズムとテンポについて、
先日、インドのサントゥールという楽器の奏者であり、聖者と言われている
シャルマ先生にお聴きする機会をいただき、
大変貴重な話を教えていただきました。

下記が、シャルマ先生とお逢いしたときの写真です。

こんな素敵な方に出逢えたことに心より感謝しています。

ありがとうございます。

imageimage 

yujihiwasa at 04:05|PermalinkComments(0)

AmazingTherapyでお伝えした股関節のストレッチ法

imageimage

yujihiwasa at 03:30|PermalinkComments(0)

May 29, 2014

黄色靭帯骨化症って難病について

http://www.nikkansports.com/m/baseball/news/p-bb-tp0-20140528-1308054_m.html?mode=all

楽天星野監督の腰痛についての記事です。



難病で、手術しかないらしいです。

AmazingTherapyでは、
どんなケアができるか?
質問がありましたので、
簡単にこちらに書きますね。


まず、
症状や痛みと構造上の異常(骨化)との
因果関係に常に疑問を持っています。

理由は、もし、構造上の問題があるのであれば、痛くない姿勢があることの説明ができない。
例えば、座っていると大丈夫だけど、
寝ていると大丈夫だけど、
など。
骨折したことがある方ならわかると思いますが、骨折した時は、どんな姿勢にしてても、
その部位は、ジンジン痛みますよね。

なので、
どんな動きをする時、
どんな姿勢の状態の時、
痛みを感じるか?を

具体的に認識していただく。

痛みは、何らかの動きの中で、生じる。
特に、慢性的痛みは、ほとんどの場合、
動きの中で、生じます。

痛みについて、簡単にご説明させていただきます。

長くなったので、他にどんなケアをするか?

簡単にざっと羅列しますね。

顎関節のケア
(難病の方のほとんどになんらかの問題があることが多い。)
噛み合わせ
足首のケア
腸心セラピー
(背骨に問題がある方の多くにその背骨の部位の近くの腸が硬く動きが悪くなっていることが多い、また、鬱傾向が見受けられることも多い。)
浮遊肋骨の調整
みずぽっと体操によるセルフケア
頚椎の調整、
鎖骨の調整、
骨盤の調整、
歩き方、立ち方、座り方のケア
痛みの一因をお伝えし、あえて痛みが悪化することを体験してもらう。

など。です。



yujihiwasa at 08:36|PermalinkComments(0)

January 24, 2014

パフォーマンスアップとは?

ある質問をいただきました。

質問
①筋肉の太さ(血液貯留量)がパワー

②筋肉内の血液循環の良さがスタミナ

これ、合ってますか?

パフォーマンスにつなげていく工夫として、パワーもスタミナも欲しい、という場合、
①を増やすためにパワートレーニングを使い、
②を増やすために、心臓の強い収縮と脈拍を増やすこと、

と体育業界では教わります。

お返事
AmazingTherapyの考え。

筋肉の太さは、その筋肉の部位、単体におけるパワーを表すというのは、たぶんそうだと思います。

筋肉内の血液循環がスタミナと関係するというのもあながち間違っていないと思われます。ただ、筋肉ではなく、身体全体の組織すべての血液循環だと思います。筋肉だけに限定していることに危険性を感じますね。

連動性がそこには、かけていると思います。
例えば、
車のエンジンを最もパワーをあるものに変え、すべての部品をパワーをあるものにしたから速く走れて、レースにおいてパフォーマンスを発揮するとは限らないですよね。
むしろ、パワー同士が、喧嘩しあうことも多々あります。
身体は、部分が全体を補い、全体が部分を補い合うことで、パフォーマンスが決まります。

心筋をトレーニングするというのも、出力をあげると、耐久性は落ちますよね。
でも、耐久性をあげると、出力は落ちますね。
耐久性と関係するのが、リズミカルな動きです。
リズミカルな動きは疲れを忘れさせ、フィジカル的にもメンタル的にもパフォーマンスアップになります。
その結果、血液循環も安定的に促されます。
あとは、身体全体の連動した動きをトレーニングすることで、ケガをしない身体を作れます。
どこかの筋肉や部位に負荷が
かかる動きは、パフォーマンスが安定しないです。
たまに良いパフォーマンスができるので、たまに良かったパフォーマンスが自分の本当の力だと、思い込んで、そのパフォーマンスを追いかけるようになります。結果、身体のどこかを故障するようになります。パフォーマンスはどんどん落ちてきます。
これが多くのトレーニングではないかと考えます。


yujihiwasa at 14:58|PermalinkComments(0)

January 21, 2014

インナーマッスルについて

インナーマッスルを鍛えることについて
質問をいただきました。

AmazingTherapyの考えを書いてみます。

インナーマッスルについてですが、
私は鍛えるということには、
やはり、疑問が、あります。

理由は、インナーマッスルは支持筋ともいわれています。
常に身体の支える筋肉という意味だと私は解釈しています。
その筋肉を鍛えるってことは、
心筋を、鍛えるようなものだと考えるからです。

心筋って鍛えていいのだろうか?
もう既に、
毎日、ずっと休まず動いているのに。
インナーマッスルも休まず働いている筋肉のはず。
心筋は、リズムよく動くようにしてあげなければ、不整脈になりますよね。
他のインナーマッスルも同じではないかと私は考えています。

リズミカルに使うこと。

リズミカルに動いていると循環も促されるのではないでしょうか?




yujihiwasa at 15:04|PermalinkComments(0)

January 08, 2014

顎のケアの方法のDVDができました。

基本的な方法です。

撮影を見ていたスタッフの方が、
見ていただけで、
自分でも顎関節のケアをできるようになりました。

9歳の男の子もDVDを観ながら、自分でできるようになっていました。
治療やケアに関わるプロの方にも、
まったく、知識のないご自身の顎のケアをしたいという方にも、
だれでもお役にたてていただけるようです。

とても簡単で、すぐに実践できる、
まさかなアプローチです。

えっ?
これだけって?
思うかもしれません。
今まで、顎関節のケアに苦手意識のあった
専門家の方も、すぐ取り入れてもらえる方法です。



この方法で、かなり軽減しますが、
もし、なかなか変化の感じられないお身体の状態の時は、
個別なお身体の状態と関係しますので、
個々にお伝えいたします。

AmazingTherapyのワークショップにおこしください。




image


ご注文はこちら⇩
(2014.1.8発売です。)
http://www.reservestock.jp/stores/article/1465/1435


yujihiwasa at 00:00|PermalinkComments(0)

December 12, 2013

突発性難聴のその後 感覚は再現される

突発性難聴にも、大きく分けて2パターンあります。

難聴、聞こえにくくなる音域が低音域の場合と高音域の場合、

高音域の場合は、ある程度回復していく方が多い。

しかしながら、低音域の場合、なかなか回復は難しいといわれている。

AmazingTherapyでは、この難聴に対する独自のケアの方法を行います。

聴覚という感覚器の機能傷害における、聞き取る機能の回復のケア

AmazingTherapyのいろいろな手技や方法を用いて、
あらゆるお悩みをお手伝いしていきます。

膝の状態と聴覚の状態が関係するということも含めたお手伝いをさせていただきます。





問い合わせは、
メディカルケアウォークの問い合わせ、もしくは、直接、お電話ください。
施術場所は、大阪 中津 
なかがわ整骨院、もしくは、出張(全国)にてお受けいたします。

yujihiwasa at 00:41|PermalinkComments(0)

July 23, 2013

バスケットボール選手の突き指のケア

image

image

image

image

突き指のケア
テーピングと金銀を使うと回復が早くなるようです。

yujihiwasa at 15:31|PermalinkComments(0)

June 26, 2013

AmazingTherapyのケア事例(左膝の痛み)

京都で、
AmazingTherapyのワークショップの
主催くださっている
鎌田恭平先生(整体サロンピンポイント院長)
から
AmazingTherapyを日頃から、
施術に用いてくださった事例を
シェアいただきました。


【80代 女性 左膝痛】

娘さんの紹介で来院。

階段ののぼり、おりするときに左膝に激痛あり。
腰痛もあり、コルセットは常備つけていないと、不安とのこと。
背中もまがってしまっている。
ひだりあしの右の一回りの大きさぐらいにむくんでいる。

初回 施術後

仰向けでamazing therapy(以下AMに略)で調整、足首の可動が悪く、少し痛み有り
坐骨、脊柱の調整で歩行時の腰痛、膝痛なくなり、歩きやすくなる
背中ものびて、まっすぐ前をみれるようになり、コルセットなしで帰られる

2回目(前回より2週間後)

コルセットはつけていないとのこと
痛みはましだが、戻っていて、やはり階段の上り、おりに痛みがきつい

今回は階段ののぼり、おりをしてもらいながら、AMで左膝を調整
痛みは10→4になるが、やはり階段を下りる際手すりがないと怖い

3回目(前回より2週間後)

玄関入ってきた時に、背中がまっすぐになっていた
まだ階段の上り下りが痛みがあるので、階段ののぼりおりしてもらいながら、
AM調整し、不安は残るが痛みはほとんどなく階段ののぼりおりできるように。。。

4回目(前回より2週間後)

ほとんど痛みを感じることがなくなったとのこと。
帰る際に再度階段をのぼりおりしてもらうと、ポンポンっと飛び降りて階段をおりていかれてビックリ!(痛みは無し)

痛くなくなったけれど、みていてこちらが怖かったので、

「階段降りる際は無理しないで、階段降りてくださいね~」

と、注意だけして終了。


yujihiwasa at 15:07|PermalinkComments(0)

June 25, 2013

交通事故の後遺症は、ケアできる。

交通事故の後遺症は、かなりケアできる。

その第一歩は、
事故の際の筋肉や骨、靭帯、皮膚などが受けた
衝撃の記憶とその衝撃に対する反応をケアすることから始まります。

また、次くるかもしれない衝撃に無意識で
対応しようと、緊張し続けているのですね。

あとは、動きを思い出すお手伝い。

癒着がある場合は、動きを促す瞬間、
激痛が走ることもありますが、
関節の形が動きを教えてくれるのです。
私は、動かせても絶対に、
壊れない関節の動き方を分析しました。

そんな分析の元、身体の動きを促し、
後遺症の原因となっている動きを減らしていきます。

自分でできる、みずヨガやみずぽっと体操をお伝えしています。


yujihiwasa at 19:05|PermalinkComments(0)

June 23, 2013

AmazingTherapyのケア事例(膝)

京都で、
AmazingTherapyのワークショップの
主催くださっている
鎌田恭平先生(整体サロンピンポイント院長)
から
AmazingTherapyを日頃から、
施術に用いてくださった事例を
シェアいただきました。


【今日の症例報告】
 右膝の痛み 60代 男性

2週間前に膝を痛め、整形外科で電気治療、マッサージをうけるが一向に改善せず。

足を引きずって来院。 
階段のあがる、おりるときに右膝の内側に痛みを伴う
あおむけで膝を曲げるのも痛みがある。

仰向けで、amazing therapyの足関節と膝関節を調整し、立位で膝の動きを調整
(参加した人ならすぐわかりますよね?)

帰る頃には、歩行もスムーズになる。
階段も痛み無く降りれるようになりました。

動きながら体を調整するので、持続性もありますね。

先日2回目(1週間後)の施術後翌日に、

靴を履いた瞬間に体がすごく歪んいる気がして我慢できなくなったため、

普段履いている靴、会社の靴、革靴をすべて買い換えたそうです。

体調も2回目の施術から、2週間ほど経ちますが、

肩のコリも(10→2)レベルになり、足も軽いとのことです。

そして、3回目の施術の後(前回施術から1ヶ月後)

先日社内マラソンで10キロ走ったようですが、
前回より約10分タイム短縮!

1キロ1分ヤバイですね・・・

ちなみにこの方は46歳ですが、
ふた回りしたの20歳の子を追い抜いていかれて快感だったようです(笑)

amazingtherapyは、スポーツ選手にはかなり好評です。


yujihiwasa at 15:12|PermalinkComments(0)

June 20, 2013

AmazingTherapyのケア事例(右膝水がたまった)

京都で、
AmazingTherapyのワークショップの
主催くださっている
鎌田恭平先生(整体サロンピンポイント院長)
から
AmazingTherapyを日頃から、
施術に用いてくださった事例を
シェアいただきました。


【20代 男性 飲食店勤務】

2週間前から右膝が痛くなり、徐々に悪化。
整形外科でみてもらうと、右膝に水が溜まっていたので、水を抜いてもらったとのこと。

後日MRIでみてもらうことになったが、検査は2週間後にならないとしてもらえず、
それまで膝が曲げるのが困難な状態ではいたくないと、当サロンに来院。

右の脛骨、腓骨のねじれがきつかったので、
うつ伏せで膝の向きをあるべき位置で動かしてもらうと、痛みが10→2に

屈伸時の痛みもなくなり、歩くのもスムーズに・・・

セルフケアに、

ウィングウォーカー、エンジェルロードのグッズをお渡しし、

最後に、かべ体操をしてもらって、

痛みを確認してもらったら、痛みは0に・・・

上記の3つのケアで下肢の問題は、かなり改善、予防できますね。



坐骨、脊柱の調整で1年間ずっとあった背中のしびれ、痛みが初回の施術でほとんど消失。

1週間経ちますが、ずっと気になって仕方なかったのがほとんど気にならないレベルに・・・

今日2割ほど残っていたので、ひわさ先生に教えていただいた座り方をお伝えしたら、一瞬ですべて背中のしびれなくなりました~


yujihiwasa at 15:10|PermalinkComments(0)