May 07, 2012

親知らずを抜いた後、かなり腫れる。

心血管疾患(CVD)と歯周病は関連性がある。


このことは、ようやく、情報としてたまに耳にするようになりました。
(冠動脈性心疾患やアテローム性動脈硬化症を発症しやすい。)


毎日の歯磨きやデンタルフロスでの歯間清掃が命を脅かすCVDの予防につながる。


歯周炎に
関与する細菌があり、その細菌除去すれば
かなり改善する可能性が指摘されていることもあまり知られていないかもしれない。


親知らずがもたらす首の骨(頚椎)と顎との関係性による姿勢変化が身体全体にどのように関係してくるか?

そんなこともあります。
4
番の歯(D4)と循環系、下肢との関係。
私の場合、
下肢静脈瘤の症状の場合、この歯D4を確認します。糖尿病も同じ歯を確認します。


あとヘルニアと歯はかなり関係性があるようです。
ある調査では3歳から椎間板変形が見受けられるようです。(
遺伝子が関係すると考えてられています)

3
歳というと歩行を始めるころ。

この時期と関係する歯があります。
その歯の生成と立っちトレーニングが関係しているという歯科の先生もいらっしゃいます。
私が教わった整体の先生も同様のことをおっしゃっています。
ヘルニアの構造異常は、症状とは無関係だというデータもあります。

(なぜなら、健常者の70%にヘルニア患者と同じ椎間板変性が見受けられます。)


親知らずを簡単に抜く方法

腫れを減らし、傷口を早くふさぐ身体のケアがあります。
それは、親知らず抜歯手術の直前と直後の身体へのアプローチが必要になります。

私が中学時代によく聴いていた曲です。
親知らず 長渕剛



yujihiwasa at 12:21│Comments(0)噛み合わせ | 身体

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。