August 31, 2016

しかたないの心理学

しかたないの心理学

「しかたない」
この言葉は、とても便利な言葉です。
完全には納得していないけど、
受け入れていないわけでもない。
満足できないけど、
期待どおりではないけど、
受け入れて納得する前段階として、
「しかたない」の心理なのです。
気持ちの落とし所。
私が
多くのサービスを提供する立場の人が、
1番最低限の質の担保として、
リアルに知っておいてほしい基準。
それが、「しかたない」
受け入れて納得する。
諦めも含まれるかもしれないけど、
納得できないけど、
しかたないと納めることができる。
これが、最低限のサービス。
そこから、
満足してもらえるサービス、
気遣いの行き届いたサービス、
ニーズを的確に満たすサービス、
ができるようになるんです。
すべての人に満足してもらえるサービス
が、提供できれば、いいのですが、
すべての人に満足してもらえることは、
現実的に難しい。
しかし、
しかたない。
これだけ、やってくれたのだから、
応援したい。
あの人にやってもらって
この結果ならしかたない。
一回で結果に結びつかないのも
しかたない。
次もよろしく頼む。
サービス提供者は、
お客様、クライエントさまに、
育てて貰える
人としての魅力、素直さが大切。
私は、そう思う。
ただし、
この「しかたない」の心理を
自分自身に使ってはいけない。
自分自身に使った瞬間に、
あなたは、
しかたないでなく、
どうしようもない人間になっていく。

下記より引用
https://note.mu/hawaianne/n/n7709d8dacd58

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。