September 08, 2014

【今 を 大 切 にす る 】p9

最近では、逆に「未来」から「現在」、「過去」へと流れているといわれています。
どちらが、正しくて、どちらが、間違っているかは、私にはわかりません。
 
ただ、これだけははっきり言えること、
意識や、身体感覚(五感)においては、常に同時に存在しているのです。
 
「過去」の嫌な出来事を思い出しただけで、胸が締め付けられるような感覚がすぐに感じる。
「未来」の楽しみな出来事を想像しただけで、ワクワクしてくる。
「現在」おいしいものを食べていて、とても満足している。
 
そんな、「現在」「過去」「未来」を同時に感じている、
ということに気づいている時、
それが、
【今を生きている】時なのです。
 
「過去」の出来事が浮かんで、悲しくなっていてもいい。
「過去」を再体験して、気持ちを感じている状態の
「今」に居るのだと気づいていれば、
【今を生きている】のです。
 
「未来」の起こり得る出来事を想像して、不安や心配になっていてもいい。
「未来」を先取りして、気持ちを感じている状態の「今」に居るのだと気づいていれば、
【今を生きている】のです。
 
【今を生きている】、
このことに気づくことが、「今」を大切にしていることに繋がるのです。

「現在」あなたが感じていること、
また、
身体の痛みや辛さ、感じている気持ち、感情、ストレス、どうしようもない状況、
希望の持てない「未来」、
取り返しのつかない「過去」、
すべて、
自分ではどうしようもないと想っている、感じているかもしれません。
そんなふうに感じている「今」に、あなたが居るということに気づくこと。
その瞬間から、あなたは、【今を生きている】のです。
【今を生きている】ということとは、どういう状態なのか?



コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。