November 29, 2013

AmazingTherapyが再現性がある理由

AmazingTherapyがもっとも重視していることに、
[再現性] があります。

誰が行っても同じような結果、効果につながる。
誰がというのは、経験に関わらず、誰でもということを目指しています。

誰でもできる理由は、シンプルだからです。

始めにお伝えすること、覚えることが少ないのです。

最初の関節へのアプローチで覚えることは、ひとつの関節において3~5個の動かす方向だけです。

バックボーンには、かなりたくさんの考察があるのですが、
それらの考察の元にある原理原則にのみ焦点を当てています。

また、大きな違いは、身体の症状の原因を探さないということです。

原因を探さず、身体にとって、本来の動きを促すことだけを目標としているところです。

原因を探さないので、
原因をきちんと見極めないと、
身体の症状をとらえることができない。
ということがなくなります。

原因を探すために、たくさんの検査法があります。
お身体の症状のすべての原因をみつけることは、不可能です。
なぜなら、因子は、肉体だけでなく、精神的な部分にもあり、それらは、
時に、ご自身すらも無意識であることも多いからです。

また、原因を探すということは、過去を見つめることです。
過去を見つめる限り、物事はうまくいかないという、原理原則があります。

AmazingTherapyは、未来を見つめています。
お身体が本来の動きを取り戻す未来につながるように、
本来の動きを促していくだけです。

未来に向かうので、本来なら、改善しづらかったお身体の症状が変化するのです。

多くの達人と呼ばれる治療家の先生は、この原因の見つけ方を独自で持っていらっしゃいます。
そして、ご自身がみつけた原因を疑いなく、信じることができるのです。

そんな達人の先生から同じように教わっても、できないのには、ワケがあります。
それは、教わって、同じように検査して、原因をみつけたとしても、
それが、原因としてあっているかどうか、不安があるのです。
セミナーを受けてすぐは、ご自身の感覚を信じることができ、
うまくいくのですが、だんだん、うまくいかなくなる。ということありませんか?
それは、私のやり方はあっているだろうか?という
疑問がわいてくるからです。
同じアプローチであっても、
見つけた原因に疑いを持っている方と、
疑いなくこれが原因だと思っている方では、
どちらの方が、効果的な結果に結びつきやすいでしょうか?
さらに、
同じアプローチができているかどうかにも疑問を持ってしまったら、どうでしょうか?

この辺りの話には、共同幻想やプラシーボ、といった要素が大いに関係しています。

AmazingTherapyでは、
原因を考察しないので、
原因があっているかどうかを考える必要がないのです。

動いていない関節を本来の動きを促すだけ。
動きすぎている関節を本来の動きに促すだけ。

なのです。

原因を探さない。原因ではなく、
関節の構造という物理的事実を基にして、機能と構造に沿った動きを促す。
そこに、もっとも重要なことが、方向性です。
方向なのです。

道を同じ方向に行けば、誰でも同じところにたどり着きます。
少しでもずれると、同じところにはたどり着けません。
そこにたどり着くための方法(各種の手技など)は何でもいいのです。

AmazingTherapyは、方法にはこだわりません。
どんな方法でもどんな手技でも使っていただいていい。

できれば、セラピストにとって、負担の少ない方法である方がいいかなぁってくらいですね。



コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。