February 16, 2013

存在感の示し方

存在を実感したい時に
最も簡単に行う方法は、
自己を傷つけること。
自己嫌悪、
自傷行為、
自分を粗末な状態、惨めな状態におく。

存在を誰かに実感させたい時に
最も簡単に行う方法は、
相手の邪魔をすること。
相手を傷つけること。
相手を怒らせること。
相手をいじめること。
相手を無視すること。


子どもが、親が忙しい時に限って、
邪魔やいたずらをしませんか?
恋人がどこまですれば怒るか、確認しませんか?

酒に溺れたくなることはありませんか?



私のセッションでは、メディカルケアウォークという歩くということを通して、
地面と身心とのコミュニケーションを学び、
自分自身の存在を歩くということで
確認し、自分以外のすべてのモノとの
コミュニケーションを学びます。
そして、自分も、他者や他のモノも
大切にできるようになっていくきっかけを
体感していただきます。
そこから、ご自身の人生を見つめるワークを行います。

問い合わせは、
メディカルケアウォークの問い合わせ、もしくは、直接、お電話ください。
施術場所は、大阪 中津 なかがわ整骨院、もしくは、出張(全国)にてお受けいたします。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。