December 23, 2012

動きに軸はない これで、ウサイン・ボルト選手の動きも説明できる

関節の動きの基本です。
股関節をまっすぐ曲げるには、見た目のまっすぐ動かすことでは、うまくいかない。
関節には、軸はないので、一点の軸を中心に動くことはない。
そのため、見た目には、ジグザグに動いているように見える。
しかし、関節内の動きはその動きがもっとも最短距離である。
それは、もっとも皮膚の捻れが少なく、身体の捻れも少なくなる。

肩関節も同じ。
このように動きの説明をしている文献を探しているがない。

動きに軸はない。
あるのは、軸っぽいエリアが存在するように見えるだけ。


この視点で、ウサインボルト選手の走りを分析しなおすと、
歩幅が左右40cm以上違う理由も説明できると想う。

動きについてのご質問は
問い合わせは、メディカルケアウォークの問い合わせ、もしくは、直接、お電話ください。
施術場所は、大阪 中津 なかがわ整骨院、もしくは、出張(全国)にてお受けいたします。


コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。