November 04, 2012

お互いを見ているのではなく…人生、会社編

今までの人生を振り返る時、歩んできたと表する。
大きな意味で歩くってこと!?
 
そんな時、
自分の仲間であったり、家族、パートナーも同じ方向に歩いているからこそ、ずっと付き合えるんです。

お互いを見ているのではなく、同じ方向を向いていること。

また、相手と比較ばかりして、相手の方に向いているだけだと、
気づくと相手は自分からどんどん離れていきます。

同じ方向に向かっていないので、気づくと隣にいないんですね。自分だけ立ち止まったまま…。
(トラウマも過去の方に向いて立ち止まった状態ともいえるかもしれませんね。)


お互いを見ているのではなく、同じ方向をみている。
会社などの組織もそうです。
上司や同僚の方に向いてばかりだとどうでしょうか?
社長だけが、一生懸命でも、他の社員さんや組織全体として同じ方向に向かっていないなんてことないですか?

家族もそうですね。お互いがばらばらに向かっていたらどうでしょうか?

逆に、家族の方をみてばかりいたらどうでしょうか?
親のせいにして、親を恨んで、親を刺すなんてのは、まさしく、親だけしか見ていない状態ですね。
逆に親の顔色ばかり伺ってたり、遠慮して、自分を抑圧するのも同じですね。

あなたはどこに向かっていますか?



コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。