August 12, 2012

字幕・じまく

先日、サウナでテレビを見ていて気づいたのですが、
字幕の漢字が少ないことに。

映画の字幕に苦労しているというニュースに少し前に触れたことあります。

受け入れられやすいようにすることは、サービスや商品を提供する為には必須ですが、

漢字が読めない人が多いので、
CMや字幕などが平仮名になっていくのはなんだか悲しいです。

本の構成の基本として、
あまり漢字を使わない。
文字を少なく、情報もデキル限りしぼる。ってのが読まれるための原則だそうです。
最近の本も箇条書き、見出しの作り方などその傾向がありますね。
3行以上は読む気を無くすらしいです。

私は、3行だと読む気をなくします。
読むではなく、観るになっちゃうからです。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。