September 28, 2015

病気の症状が治ったそのあと。

AmazingTherapyでは、
難病の症状をお持ちのお身体の状態の方に
身心のお手伝いをさせていただく時に、
必ず、お聴きすることがあります。
「今の症状が気にならなくなったら、何がしたいですか?」
「今の症状がこの瞬間になかったら、何がしたいですか?」

この私の質問について、クライエントさんからいただくお話の中に、
「この病気になって苦しんだ経験を生かして、同じように苦しんでいる方の役に立ちたい。」
「この病気になったのには、なんらかの意味があるに違いないと思うんです。」

というような内容をお聴きすることも多い…。

その時、私がお伝えすることは、
「この病気になった経験を生かさないでください。」
「この病気になった経験を意味のあるものにしないでください。」
「この経験を生かそうとする時点で、まだ、症状にとらわれているんです。」
「この経験を意味のないものにしてください。」
「この経験が、あなたの人生にとって印象的な出来事ではなく、ひとつの出来事として・・・」
「単なる他愛のない出来事になってほしいのです。」
「人生において大きな経験のひとつにしないでほしいです。」
「私がお願いしたいのは、・・・」
「長患いをしていたことで、出来なかったことを精一杯してください。」
「やりたいことをやりきった人生にしてください。」
「その中で、そういえば、一時期、病気になっていたこともあったなぁ。」
「と、思えるように、これからを過ごしてもらえたら嬉しいです。」
「病気になった経験を生かそうとする想い、・・・」
「病気になったことを意味のあるものとして、特別な出来事にすることで、・・・」
「受け入れようとしないでください。」
「あなたの人生の中で、ちいさな笑い飛ばせるような出来事にしてほしいんです。」
「それが、この病気に囚われていない生き方をすることになると私は思います。」
「経験を生かそうとしている限り、この病気に囚われているんです。」
「少し、きついことを云わせていただきますが、・・・」
「自分を上手に癒すこと、ケアすることができなかったから、・・・」
「病気になったと云えるわけです。」
「だからこそ、誰かを癒すことをしないでください。」
「これからの一生を、自分を癒す時間にしてもらえたら、私は、嬉しいです。」
「自分を癒す=やりたいことをやりきる」
「そんな人生を生きてほしいですし、…」
「そんな生き方の提案を私はさせていただいているだけだと思っています。」

「また、そんな生き方ができる可能性を感じてもらうこと。」
「これが、AmazingTherapyだと思って、いつもお手伝いさせていただいています。」




September 23, 2015

1流と2流を見分けるコツ

1流と2流を見分けるコツについて

1.自分の知っていること、出来ることを出し惜しみする。
  常に100%全力で目の前のことと向き合っている。
  そうであるか、ないか、を見分ける方法は、自分が常に100%目の前のことと向き合えた時、 
  にしか、見分けることはできない。
2.ご自身の活動に、自分の名前をつけている。
  自分が扱っている、開発している品物に名前をつけている。
  芸名やペンネームの場合は、戦略的につけていることもあるので、さらなる考察が必要である。
3.ご自身の活動を、すごいことをしていると、意識的に、無意識的に思っている。
  また、一緒に活動している人たちが、「すごい」といっていたり、「すごさ」を強調している。
4.過ちを認める。間違いを出来る限り認めることができる。
5.自分の弱さを素直に認めることができる。
  自分が持っている恐れや不安を隠さない。
6.相手に遠慮しない。
  遠慮しない言動をして、どんな批判にも屈しない。
  そこには、どんな立場の人にも尊厳を持って、公平に付き合う姿勢が見受けられる。
7.感謝する気持ちを常に持っている。
 「あたりまえ」と思うことが、どれだけ自分を衰退させるかを心底知っている。
8.人の批判、批評をしない。
9.人の良いところを必ず、伝える。
10.こだわるけど囚われない。
11.美意識を持っている。自分独自の基準を持っている。

私はまだまだ、3流だと思う。
目指すのは勝手なので、目指して行こうと思っています。

August 21, 2015

AmazingTherapyワークショップで、ディプロマや認定証を発行しない理由。

AmazingTherapyののワークショップは、
さまざまな内容があります。

それぞれの内容がひとつのカテゴリーとして
十分に認定証を発行したり、
ディプロマをお渡しするに足る
ものなのかもしれません。

しかしながら、
AmazingTherapyとしては、
今後も資格や認定証を発行するつもりはありません。

AmazingTherapyはクライエントさんから、
いただいた言葉が由来になっています。

なので、
私が認定するものではなく、
クライエントさんから、
セラピストとして、認定していただく。
AmazingTherapyの考え方を
取り入れていただいて
クライエントさんに信頼を得ている
素晴らしいセラピスト仲間になっていただければ、
嬉しいです。


July 22, 2015

タイ、虹の学校

虹の学校のトコ先生が取材されたそうです。
観ていて、ある子どもの場面で目頭が熱くなった。

https://m.youtube.com/watch?t=4512&v=s4zMhHbliwU

47:48
からタイ虹の学校のトコ先生が取材されています。
3月に私もお邪魔させていただき、
子どもたちや先生の身体のケアのお手伝いさせていただきました。
子どもたちのお腹に触れると
今まで、押し殺していた感情がどっと出て、
30分以上泣き続けた子も何人もいた。
お手伝いさせてもらった後、
表情が明るくなった子、
そんな変化を他の子どもたちが、
ちゃんと気付いて、みんなで、
応援している。
滞在最後の夜に、
もう一度、お腹を触ってほしいと
私に云ってくれた子、
最年長で、
いつもリーダーをしてくれている子が、
お腹に触れながら、
静かに流した一粒の涙、
一緒に子どもたちのお世話をしてくれている先生たちのお手伝いもさせていただきました。

少しだけ、歯磨きの大切さについて、
私が、みんなの前で簡単な授業もさせてもらった。
それ以来、
みんな、進んで歯磨きをしてくれているそうです。
嬉しいですね。


ひとつだけ云えること。
ここで生活をしている子どもたちは、
いろんな状況や事情を抱かえているかもしれない。

お腹に触れさせてもらって、感じたこと。
日本にいる
日本の今の子どもたちの方が
お腹が相対的に硬い。
これは、
私が今まで、
お手伝いさせていただいた
子どもさんたちを思い返して、
私の感覚的にだけれど、そう思う。

日本の今、子どもたちも、
かなりたいへんな状態にあると思う。
日本とタイ、どちらの子どもたちも
命を精一杯生きて生き抜く
そんなお手伝いをしたい。



yujihiwasa at 08:37|PermalinkComments(0)Amazingtherapy 

July 10, 2015

ライフミネラルセラピー〈ミネラルの基礎知識〉

参考までに。。。 ミネラルの基礎知識 〈細胞を作る成分となる〉 マグネシウム、鉄、リン、カルシウム、銅、硫黄、など。 〈酵素の構成成分となったり、酵素の働きを助ける〉 マグネシウム、亜鉛、銅、マンガン、カリウム、リン、など。 〈ビタミンの構成成分となったり、ビタミンの働きを助ける〉 コバルト、硫黄、塩素、など。 〈体液の酸性、アルカリ性を維持する〉 マグネシウム、ナトリウム、カリウム、リン、塩素、など。 〈筋肉、神経の活動の維持、調節〉 マグネシウム、カリウム、ナトリウム、カルシウム、など。
〈酸化、還元反応の促進〉
鉄、銅、など。
〈活性酸素の除去や抗癌作用がある〉
鉄、亜鉛、銅、マンガン、セレン、など。
その他
〈免疫にかかわるミネラル〉
鉄、亜鉛、銅、セレン、など。
〈性機能の維持〉
亜鉛、銅、マンガン、セレン、など。
〈血糖値を下げる〉
亜鉛、マンガン、クロム、バナジウム、など。

July 06, 2015

慈悲とは?

慈悲とは、悲しみを慈しむこと。
悲しい感情を感じることから逃げないこと。

悲しい感情を感じることが、怖くて、
人はだれかに怒りをぶつける。
怒りをぶつける方が楽だからです。

悲しみを感じて、忘れないで、
生きていくことは、一番強い生き方。
悲しみを感じて、生きている人は、
人の悲しみにも、気遣いをできるようになる。

お釈迦さまの別名に、大慈、大悲ということばがあります。
大慈、大きく慈しむこと。
大悲、大きく悲しむこと。

ただ、悲しいだけ。
ただ、それだけ。

ちゃんと悲しんでいますか?
悲しみの感情を慈しんでいますか?


June 28, 2015

AmazingTherapyは身体の症状の原因を探さない…。

AmazingTherapyの大きな違いのひとつ、身体の症状の原因を探さないということ。

原因を探さず、身体にとって、本来の動きを促すことだけを目標としているところです。

原因を探さないので、
原因をきちんと見極めないと、
身体の症状をとらえることができない。
ということがなくなります。

原因を探すために、たくさんの検査法があります。
お身体の症状のすべての原因をみつけることは、不可能です。
なぜなら、因子は、肉体だけでなく、精神的な部分にもあり、それらは、
時に、ご自身すらも無意識であることも多いからです。

また、原因を探すということは、過去を見つめることです。
過去を見つめる限り、物事はうまくいかないという、原理原則があります。

AmazingTherapyは、未来を見つめています。
お身体が本来の動きを取り戻す未来につながるように、
本来の動きを促していくだけです。

未来に向かうので、本来なら、改善しづらかったお身体の症状が変化するのです。

多くの達人と呼ばれる治療家の先生は、この原因の見つけ方を独自で持っていらっしゃいます。
そして、ご自身がみつけた原因を疑いなく、信じることができるのです。

そんな達人の先生から同じように教わっても、できないのには、ワケがあります。
それは、教わって、同じように検査して、原因をみつけたとしても、
それが、原因としてあっているかどうか、不安があるのです。
セミナーを受けてすぐは、ご自身の感覚を信じることができ、
うまくいくのですが、だんだん、うまくいかなくなる。ということありませんか?
それは、私のやり方はあっているだろうか?という
疑問がわいてくるからです。
同じアプローチであっても、
見つけた原因に疑いを持っている方と、
疑いなくこれが原因だと思っている方では、
どちらの方が、効果的な結果に結びつきやすいでしょうか?
さらに、
同じアプローチができているかどうかにも疑問を持ってしまったら、どうでしょうか?

この辺りの話には、共同幻想やプラシーボ、といった要素が大いに関係しています。

AmazingTherapyでは、
原因を考察しないので、
原因があっているかどうかを考える必要がないのです。

動いていない関節を本来の動きを促すだけ。
動きすぎている関節を本来の動きに促すだけ。

なのです。

原因を探さない。原因ではなく、
関節の構造という物理的事実を基にして、機能と構造に沿った動きを促す。
そこに、もっとも重要なことが、方向性です。
方向なのです。

道を同じ方向に行けば、誰でも同じところにたどり着きます。
少しでもずれると、同じところにはたどり着けません。
そこにたどり着くための方法(各種の手技など)は何でもいいのです。

AmazingTherapyは、方法にはこだわりません。
どんな方法でもどんな手技でも使っていただいていい。

できれば、セラピストにとって、負担の少ない方法である方がいいかなぁってくらいですね。

yujihiwasa at 07:44|PermalinkComments(0)Amazingtherapy 

June 12, 2015

犬の為の整体(ダックスのヘルニアのケア)

ヘルニアになるダックスは、
8割ぐらいらしいそうです。

歩けるようになります。
適切なケアをすれば…。



image

June 07, 2015

AmazingTherapyとは…

慰安(リラクセーション)と
医療(治癒に向かうケア)の違いについて
AmazingTherapyとは?
どのようなものなのか、
ようやくわかりやすく、
伝えられるかもしれない。

AmazingTherapyは、
どちら(医療or慰安)でもない。

「生き方」の提案であり、
各々の存在における
「あり方(美意識)」の提案であり、
「動き方」の提案であり、
「構造」における意味の提案であり、
観察である。

美意識の質が、生き方に現れる。
動き方の質が、生き方に現れる。
構造への理解が、生き方に現れる。

AmazingTherapyのいろいろな活動は、
テーマは、生き方である。


yujihiwasa at 09:43|PermalinkComments(0)Amazingtherapy 

May 09, 2015

コンタクトレンズは恋愛運を下げる?

コンタクトレンズを付けることは、恋愛運にとっては、逆効果かもしれない。 まず、ひとつ目の理由として、 眼の中にレンズを入れた状態、 異物が入った状態に慣れるということは、 本来、
外からの刺激に対して、反応するはずだったのが、 [コンタクトレンズを入れている状態に慣れる=外からの刺激に鈍感になる]

ということで、 外からの刺激や出来事をきちんと受け取ることができなくなる。

また、もうひとつの理由として、 レンズを通して観ている世界だということを、
眼鏡ではなく、
眼の中に入れたレンズを通して観ている時には、
忘れて、
普通に自分の裸眼で観ている錯覚により、観えている世界を錯覚してみてしまうことがある。
運が良いとは、
外からの刺激や出来事に対して、タイミングよく、
受け取り、反応すること。
運が悪いとは、
外からの刺激や出来事に対して、タイミングが少しでもズレて、
受け取れなかったり、違う受け取り方をしてしまったり、反応できなかったりすること。
なので、運気を下げる可能性がありますね。


May 04, 2015

AmazingTherapy(テーピングや急性のケアについて)

imageimageimageimage








image
imageimageimage
image









AmazingTherapyテーピング(テーピングや急性のケアについて)

Rは「Rest」(安静)、
Iは「Icing」(冷却)、
Cは「Compression」(圧迫)、
Eは「Elevation」(挙上―持ち上げておく)の頭文字をとったもの 
[Wikipediaより引用]

RICEは、
本当に競技復帰を早めるか?
テーピングはどこにアプローチしているのか?
筋肉?皮膚?骨?

テーピングが最も身体に与え続ける時は、
貼った時?
剥がした時?

テーピングは貼り続けても大丈夫?

貼るということを身体はどのように認識して反応するか?

AmazingTherapyの考察に基づいた、
身体の方向性を促す、テーピングの貼り方をお伝えします。

皮膚へのテーピングの貼り方
筋肉へのテーピングの貼り方
靭帯へのテーピングの貼り方
それぞれに貼り方が違います。

テーピングは貼った瞬間に変化を感じなければ、
貼り方になんらかの問題があるのです。

テーピングは剥がした後も、
貼っていた時のような動きの方向性を維持することを目的として
剥がすことが大切です。

テーピングは常に異物を皮膚に貼る行為であるということ。

貼るカイロは?
湿布は?
サポーターは?

カイロの貼っている場所が、肩こりの一因となっているかもしれない。
湿布しかない時、どのように貼って剥がせばいいか?
モーラルテープの貼り方、剥がし方?
サポーターの装着の仕方が、影響するということ。
それぞれの使い方があります。
文章ではわかりにくいですが、
テーピング、湿布、カイロの貼り方、剥がし方
それだけで、いろいろなことがあります。



メディカルケアウォークは、
AmazingTherapyのアプローチを使って
笑顔の時間をより多く作るお手伝いを目指しています。



もし、ワークショップをご希望の方は、メッセージくださいませ。